ペットコムネット ポチイラスト タマイラスト ピョンイラスト ハムイラスト
HOME ポチくんのお部屋 タマちゃんのお部屋 ピョンちゃんのお部屋 ハムちゃんのお部屋
特集&インタビュー みちこ先生のペット講座 あれこれ相談室 知っておこうね! ペットを飼う前に考える ペットのけがや病気の対応 ペットから感染する病気 旅行に出かける時 ペットの法律問題 ペットと一緒に暮らす家 動物雑学講座 ペットコムネットライブラリー ペットコムネットショップ みんなのアンケート ちょっとひとこと リンク集 私たちのこと
ブルーミントン動物病院
ブルーミントン動物病院

里親探しは「獣医師広報版」
獣医師広報版

獣医さんリレーインタビュー <2002.1>
INDEX
1)ブルーミントン動物病院・岩井美知子先生
2)戸田動物病院・藤井忠之先生
3)エキゾチック ペット クリニック・霍野晋吉先生
4)山崎どうぶつ病院・山崎堅一先生
5)日本獣医畜産大学獣医内科学教室・竹村直行先生
ブルーミントン動物病院・岩井美知子先生
  自分が元気でないと頑張れないんで、
最近は、寝れる時に寝る!
 今回のインタビューは動物病院の先生、獣医さんです。獣医さんといっても、いろんな先生がいらっしゃいますよね。いつもどんなことを考えてお仕事されているのでしょうか? 私たちは先生を困らせていないでしょうか? できるだけいろんな先生のお話が伺いたいと思い、今回は先生から先生をご紹介いただく、リレーインタビューにしてみました。
 まず、トップバッターはPetComNetではおなじみの、ブルーミントン動物病院の岩井美知子先生です。
先生は獣医さんになって、何年くらいですか?
13年になります。
獣医さんになろうと思ったきっかけはどんなことですか?
大きなきっかけ・・というのは記憶にないのですが、小さい頃から両親に動物のいるところに連れて行ってもらっていたこと、動物を何かしらずっと飼ってきたこと・・そんなことが影響してか、高2の時に私は獣医大に行く!と、突然思い立ちました。今思い起こしても突然のことで、不思議なんですけどねー。天職かな!?・・なんて自分で言うもんではないですか・・(笑)。
獣医さんになるための勉強で、一番苦労したことはどんなことですか?
苦労という記憶はないですが、やはり・・臓器を勉強する為の解剖、そして外科手術の練習、また研究の為に健康な動物を病気状態にしなければならなかったり・・そういったことが、つらかったです。
今までで一番印象に残っている患者さんは?
たくさんで一番と言うのは難しいですね。もう難しい・・と言われたような子が復活してくれたり、またとってもきつかった子が、回復した後病院に来て何でもおとなしくやらせてくれるようになったり・・というのは、何か気持ちが伝わったのかな~なんて勝手に思えたりして、その後も語りかけちゃいます。
面白い飼い主さんもいますよ。来るたび自分の猫を3度くらい殺しかけた・・という話をするおじいちゃんがいるんです。今は動物病院に連れて来るくらいですから、改心したってことでしょうかねー。待っている間に、他の飼い主さんにもその話をするんですよー。いいおじいちゃんなんですけど。少し変った人はいっぱいいます(笑)。
お仕事をされていて、一番つらいことは?
力不足で元気復活の助けができない時、悔しく情けなく・・。あとは動物に嫌われることもあり・・ってことでしょうか。
獣医さんをやめようと思ったことはありますか?
何度もあります。向いてないんじゃないかと思ったり、疲れ果てたり・・で。でも寝て自分の元気を取り戻したり、元気復活してくれる動物を見ると、そしてそれを喜んでおられる飼い主さんを拝見すると、使命感にまた燃えます。単純です(笑)。
獣医さんになってよかったと思うことはありますか?
あります!(即答!)さっきも言いましたが、動物が元気になってくれたり、それを飼い主さんが喜んで下さると・・よかったなと思いますね。
「こんな飼い主さんは困る」という人はいますか?
動物の状態・経過等を詳しく教えて下さらない方。お薬を努力ナシで、飲ませられないと言う方。ご自分で診断してしまう方。大事な話をしているのに聞いて下さらない飼い主さんも困りますね。
このページのトップへ戻る
一日に診る患者さんはどのくらいですか?
季節・日によってかなり変動がありますねー。だいたい10~15件くらいでしょう。
お休みの日は何をしているのですか?・・っていうか、お休みってあるんですか?
休診日はありますが、うちは他に獣医のスタッフをおいていないので、休みと言える日は限りなく少ないですね。自分が元気でないと頑張れないんで、最近は、寝れる時に寝る!・・ということにも専念。あとは掃除したりちょこっと買物に出かけて・・とか、たまに友人や家族と食事するくらいですか。それと、まだまだ勉強ですかね。
診療費の基準はどのようにして決めているのですか?
薬等は仕入れ値から決めます。あとの技術・知識料は、それ相応。良い診療をする為に、良い病院にする為に・・つまり病院の向上の為に必要なことへの投資、つまり医療器械・勉強・スタッフ・サービス・・等になりますが、これらを可能にするような診療報酬をいただかねばならないことになります。そんなことを考えての診療費の決定・見直しをしています。
患者さんを診る時に、最も気を使うことは何ですか?
動物にはなるべくストレスをかけないように、でも、必要なことはやらねばならないので、見落とすことがないように・・ということも。また動物の治療をすると言ってもお相手をするのは飼い主さんで、飼い主さんのお考えやご予算などもお聞きしてやらねばならないということ。飼い主さんと治療法や動物の扱いや診療費などについてよくお話をして、安心してお任せ頂ける様に・・ということなどに気を使います。
最近、増えたとか、気になる動物の病気はありますか?
アレルギー性疾患ですねー。アレルギー検査が進歩していることで、陽性反応の出る動物が増えていることに驚かされます。ただ、ステロイドで引かせる・・というような治療ではなく、アレルゲンとの接触を避けることが可能なものは避ける。そして免疫を調整するような漢方薬での治療を行ってみて、それだけでも治ってしまうこともあるんだということがわかってきました。根本治療の重要さを強く感じますね。
最近、気になった事件とかありますか?
う~ん・・狂牛病かなぁ。肉骨粉を使っているということで、ドッグフードを心配される飼い主さんもいましたね。
現在、取り組まれていることは何かありますか?
補助的に漢方薬を使うのではなく、西洋の治療が確立しているものに、漢方薬のみで治癒に向かわせる・・ということです。
将来、やってみたいことはありますか?
アロマテラピー関係もやってみたいです。
獣医さんには『獣医師法』があり、命を預かるお仕事として広告なども制限されていますよね。しかし、法的には動物は“物”であり、獣医さんは“サービス業”だと聞きました。このことについて、ジレンマを感じることはありますか?
あります。ありますが・・。う~ん・・、難しい質問ですねぇ。
先生は何かペットを飼われていますか?
患者さんのお家でオス同士のケンカが始まって・・というわけで3頭目にお家に入れてもらった元ノラ猫さんを譲り受けて飼っています。うちでは2代目の黒猫さんです。毛が中途半端に長めでポワポワしてて、穏やかで鳴き方が控え目で、人への絡み方がうまくってメチャかわいいです。でも、猫のくせに猫嫌いで治療嫌い、そこんところは手を焼きます。犬も飼いたいのですが、時間的にいいアルファーになる自信がないので、まだ控えています。
ペットの飼い主さんたちに伝えたいことはありますか?
かわいいかわいいと甘やかすだけでなく、本当のいい関係を作っていただきたいです。犬の場合は特に感じます。あとは、健康管理をしっかりしていただきたい。獣医でも診ただけではわからない病気は沢山ありますから、調子が悪いとなかなか申告しない動物の為に、定期的な健康診断を受ける様に心がけていただきたいです。それから、動物病院は高い、保険がないから・・って言う方、いい保険出てきているのですよー。
獣医師にとって、一番大切なことは何だと思いますか?
ひとことでは言えないですが・・予防医学を推奨することでしょうか。動物が調子悪ければ飼い主さんもご不安ですよね。ですから、飼い主さんの精神状態も含めて考えること。つまり、動物だけ治ればいいという自己満足にならないよう診療治療にあたることですね。自然治癒力を復活させるように心がけ、薬で弱らせない様にすることも大切です。そして、治療方法の選択は飼い主さんにしていただく・・。飼い主さんの意識向上のお手伝いも必要だと思います。
先生の推薦する獣医さんを教えて下さい。
埼玉県戸田市の戸田動物病院院長、藤井忠之先生。ちっちゃな病院のうちとは違って、大きな、かつ2軒をまたがって診るバリバリだけど、気さくな獣医です。
お忙しいところ、ありがとうございました!
ブルーミントン動物病院
東京都武蔵野市吉祥寺南町5-6-25 
TEL.0422-43-5275(24時間電話情報サ ービス:0422-76-7337)
☆診療時間:AM9:30~12:00 PM4:00~7:00(日曜・祝日・第1水曜休診)
☆診療対象:犬、猫、うさぎ、ハムスター
  12345 次へ・・>>
このページのトップへ戻る
すべてのコンテンツの無断複写、転載を禁止いたします。Copyright PIG-D'S, All Rights Reserved.