ペットコムネット ポチイラスト タマイラスト ピョンイラスト ハムイラスト
HOME ポチくんのお部屋 タマちゃんのお部屋 ピョンちゃんのお部屋 ハムちゃんのお部屋
特集&インタビュー みちこ先生のペット講座 あれこれ相談室 知っておこうね! ペットを飼う前に考える ペットのけがや病気の対応 ペットから感染する病気 旅行に出かける時 ペットの法律問題 ペットと一緒に暮らす家 動物雑学講座 ペットコムネットライブラリー ペットコムネットショップ みんなのアンケート ちょっとひとこと リンク集 私たちのこと
ブルーミントン動物病院
ブルーミントン動物病院

里親探しは「獣医師広報版」
獣医師広報版

お洒落な日本猫たち
 猫フリークのみなさん、こんにちは! 今回の雑学講座は日本の猫たちの色と柄についてです。知っていたからといって、どうということもないですが、猫オタ同士のお話には、「うちのはサバトラ白の男の子なのよ。」「あら~、一番飼いやすいタイプじゃん。うちはサビの女の子だから、神経質でね~。」などと、どうしても必要な知識といえましょう。ちなみにうちの旦那は、日本猫のことをすべて“ミケ”というのだとずぅっと信じていたようです。ハナシニナランナ。
 白い猫さんは、必ずしも両親共に白ではありません。普通、皮毛の色を発生させる遺伝情報は、性染色体にあるのですが、白を発生させる遺伝子は別の染色体にあり、オスもメスも持っています。白い猫さんで、左右の目の色が異なる猫さんは、聴覚障害が起きやすいといわれています。
 猫といえば、黒猫さんですね。魔女の猫は黒と決まっていますし、怖い映画に出てくる猫や化け猫も黒。黒猫といえば、黒豹のように精悍でかっこいいと思っていたら大間違い。意外とおまぬけな性格だったり。

 一見、真っ黒に見える猫さんでも、お腹のあたりや胸のあたりに白い毛が混じっていることも多いです。うちのまきおくんという黒猫は、光が当たると胸のあたりにうっすらと縞模様があるのがわかります。
 灰色の猫さんは、大きくなるコが多い気がします。こういう色を日本では灰色(グレー)といいますが、西洋ではなぜかブルーというのです。私はやっぱりグレーだと思うのですが‥‥。

 むかし飼っていたブタマンくんというボス猫のライバルだったジークフリートという猫さんが灰色の猫だったなぁ。
黒白
 足からお腹が白く、背中は黒。模様によっていろんな表情があってかわいいですね。西荻に住んでいたころ、お向かいの堀内さんちにいたポコちゃんがこのタイプ。飼い猫にはかわいいコが多いんだけど、野良さんだとやたらに強面だったり‥‥。
灰白
 お若い方々には何のこっちゃと思われるかもしれませんが、「トムとジェリー」のトムくんが灰白でした。なので、トムキャットと呼ばれることも。でも、あんまり見ないなぁ・・。
赤トラ
 赤猫っていいますが、純粋に赤単色の猫はいません。必ず縞模様が入ります。茶トラっていう人もいます。「子猫物語」で有名なチャトランくんがこのタイプでした。私はオレンジって呼びますけど。たいていは大きく立派な猫さんです。
キジトラ
 茶色に黒っぽい縞模様。ここいらへん(吉祥寺東町界隈)では最もポピュラーな猫さん。イリオモテヤマネコなどの野生の猫さんにイメージが近く、一見野性的。しかし、上村さんちのポン太郎くんは、さみしんぼうのアカンタレだそうです。
サバトラ
 青みがかったグレーに黒い縞模様。魚のサバみたいなので、サバトラ。
赤トラ白
 足からお腹が白。模様がキジトラなら「キジトラ白」、サバトラなら「サバトラ白」。体が大きくてオットリさんが多いような気がします。性格的には一番飼いやすいかも。うちのジュンちゃんはサバトラ白ですが、やっぱりデブの癒し系です。
ブチ
 白い部分が多く、模様の部分がとびとびなのを「ブチ」といいます。模様が赤トラなら、「赤トラ白ブチ」、キジトラなら「キジトラ白ブチ」、サバトラなら「サバトラ白ブチ」、黒なら「黒白ブチ」‥‥。うちにも黒白ブチのウシちゃんという猫がいます。ちょ~~~わがままです。
三毛
 日本猫のスーパースターはやっぱり三毛猫さんですね。オレンジと黒と白の三色だから、三毛。黒の部分が縞模様なら、「シマ三毛」。白が多く、模様がとびとびなら「トビ三毛」。

 雑学講座の第1回目でご紹介したように、三毛猫はほぼ間違いなくメスです。私の知っている三毛猫さんは、なぜかみんなオバタリニャン。ちょっぴりずうずうしい感じ~。

 お口の周りにひげのように黒が入っている猫さんは、ネズミ捕りがじょうずなんだそうですよ。
サビ
 赤、オレンジ、黒がごしゃごしゃっと混ざった模様。「雑巾猫」なんて言わないでね。縞模様が入ると「ムギワラ」って呼ばれます。このタイプもほとんどがメス。

 以前飼っていたネネコちゃんはこのサビ猫さんで、動物病院の先生によると、「こーゆータイプって、アタマが良くて、飼い主選ぶコが多いのよねー。」ということでした。
ヒョウ
 ホントの豹柄とは違いますが、とりあえずはヒョウと呼びます。しかし、正直言って、あんまり見たことないんです。このあたりには見かけない‥‥と思います。

 いかがですか? 毛の色だけでもけっこう猫の世界には深いものがありますでしょ? もう黒白猫に向かって「三毛ちゃん」と言わないで下さいね。それにしても、何のためにこんなにいろんな模様をしているんでしょうね、猫って。ホント不思議です。
このページのトップへ戻る
すべてのコンテンツの無断複写、転載を禁止いたします。Copyright PIG-D'S, All Rights Reserved.